メニュー
TOP
工場のバイトについて

やっぱり工場のバイトは大変?

工場バイトの特徴

工場で働く場合、単調な作業が苦にならない人でないとつらいと思いますが
働いている環境の音や匂いにも慣れる必要があります。
食品加工の場合、長時間揚げ物の油や酢の匂い
お菓子などの生産工場では甘い匂いが充満しています。
なれれば何とも感じなくなるでしょうけど
しばらくの間は気になると思います。
機械のそばで作業する場合、常に音が鳴っている場合も多く
現場によっては、大きな声で話さなければ
指示や応答の声が聞こえない場合があります。

アジアをはじめとする外国の人も多く働いています。
与えられた仕事を黙々とこなす持久力が無いと
工場内での多くの仕事は続かないでしょう。

ちなみに、工場(倉庫関係もそうですが)では
パートのおばちゃん達が色んな意味で元気です。
経験から言って、 パートのおばちゃん達の連携の良い職場は
働きやすい職場だと思います。

工場の画像

制服がある場合は別ですが、自由な服装で働ける職場では
疲れにくい事と安全のためにスニーカーを履いていった方が良いでしょう
他の職業に比べて、滑りやすい場所や通路が狭い場所が多い事があります。

面接で何を着て行けばいいのか迷う人が多いと思いますが
スーツでなく普段着の場合が多いです。
工場内を見学させてもらえるなら
普段着の方が工場側に迷惑がかからない場合が多いです。
女性の場合スカートは避けた方が無難だと思います。
普段着で面接に行った場合、始めに
「ラフな格好で来てしまい申し訳ありません」と
お約束のセリフを言っておくと安心かもしれません。